Archive for the ‘Interview’ Category



    • 基調講演はいつもワクワクするお話を届けて下さる奥田浩美さんです。ぜひひとりでも多くの方、特に学生さんに聞いて欲しいです。 そして、ETIC.の宮城治男さん、かものはしプロジェクトの村田早耶香さん、パキスタンでビジネスをする三原理絵… https://t.co/rnbcFbZGYt 3 years ago

    • 以下に興味がある方におすすめ! ・海外に関わって働くことに興味がある学生 ・いつか起業したい方 ・日本で活躍する外国人起業家の話を聞きたい方 ・起業やビジネスにおける課題や困難、克服方法を知りたい方 ・海外でうまくいく女性の共通点… https://t.co/YvvjKDzwZh 3 years ago

image

宮嶋みぎわさん

1月 22nd, 2020|Comments are off for this post|In Interview

「自分をジャズの世界に引き込んでくれた憧れのジャズオーケストラの一員になれる日が来るなんて、まるで夢のようでした」

 
image

小林亜維子さん

11月 28th, 2019|Comments are off for this post|In Interview

「インドネシアに限らず、東南アジアにある弁護士事務所のスタッフには女性が多いです。女性が社会進出しているせいか、女性弁護士に対する偏見も感じません」

 
image

五十嵐祥子さん

10月 16th, 2019|Comments are off for this post|In Interview

「今目指しているのは、特徴的な音を出すこと。ニューヨークには上手いミュージシャンが大勢いるので、その中で目立つには同じことをしても意味がありません」

 
image

宮本晴代さん

10月 14th, 2019|Comments are off for this post|In Interview

「自分がやりたいと思うことと、そのハードルの高さを比べて悩むこともあります。でも、悩んだ時は『楽そうな道』ではなく『大変でも楽しいと思える道』を選ぶようにしています」

 
image

筒井あづみさん

10月 14th, 2019|Comments are off for this post|In Interview

「ここにい続けられている一番の理由は、『女優以外にやりたいことがないから』ですね。諦めたとしても、その後にすることが思いつきません」

 
image

松川倫子さん

10月 8th, 2019|Comments are off for this post|In Interview

「居心地の良い時期が長く続いたら、危険信号だと思うようにしています」

 
image

島田智里さん

10月 8th, 2019|Comments are off for this post|In Interview

「ニューヨークに来たからこそ出会えた自分がいます。リスクがあっても続けられるのは、自分がやっていることが心から楽しいと思えるから」

 
image

野竹彩香さん

10月 4th, 2019|Comments are off for this post|In Interview

「私がアメリカ留学を選択したのは、日本の教育や環境に馴染めず、小学校高学年から不登校だったことが理由です」

 
image

川村千秋さん

7月 13th, 2019|Comments are off for this post|In Interview

「ロールモデルの存在など、これまで考えたことなく歩んできました。他人の生き方を真似して満足する人生が送れるほど、人の一生は単純ではないと思います」

 
image

中村八千代さん

6月 15th, 2019|Comments are off for this post|In Interview

「私自身が 20代で借金を背負ったことで夢を諦め、家族の犠牲になったという思いがあるからこそ、出会う子どもたちの夢を叶えさせてあげたいし、自分の人生を歩んで欲しい」

 
image

甲斐 優理子さん

6月 14th, 2019|Comments are off for this post|In Interview

「私は元々人と接するのが苦手で、小学生の時は図書館にいるようなタイプ。起業も海外でやることも、全く想定外でした」

 
image

今村志帆さん

6月 13th, 2019|Comments are off for this post|In Interview

「海外で暮らすことにしたのは、その方が面白そうだなと思ったから。当時の私は海外で働く当てもなく、とりあえず結婚するためにコタキナバルに戻ってきました」